iPhone7ケースの選び方を解説

iPhoneシリーズは、世界を相手にしたグローバルな展開をしている事からも、さまざまなメーカーから豊富なアクセサリー製品が発売されています。そのカテゴリーは、数百円程度で気軽に購入できる製品から、各種の安全規格を満たした安心安全の製品、一流ブランドとコラボレーションした最高級品まで、多岐にわたります。数あるスマートフォンの中でも、ここまで沢山のアクセサリー製品が存在するのは稀で、どれにしようか迷うところでもあり、一方で選び甲斐がある楽しいところです。iPhone7ケースは、発売当初こそ種類が限られていたものの、ここにきて各メーカーからのラインナップが充実してきた感があり、デザインや、目的別に選択肢が広がり、妥協せずに選べる環境が整ってきました。

各種規格を満たした耐衝撃性に優れたケース

多くのユーザーにとって、iPhone7ケースを使用する主な目的は、やはり中のデバイスを守る事です。普段から取り扱いに細心の注意をし、決して落下したりぶつけたりする事は無いという絶対的な自信があるのなら、数百円で購入できる廉価な製品でも構いませんが、万が一のトラブルに備えて、より質の高い製品を選んでおきたいところです。特に、Apple社が定めるMFi認証、米軍調達規格のMIL規格の認証マークの付いた製品であれば、安心です。MFiとは、「MadeForiPhone/iPad/iPod」の略で、Appleの純正品、または正規ライセンス製品のみが、認証マークを付けて販売する事が許されます。MIL規格は、苛酷な環境下での使用でも、あらゆる角度からの落下や衝突に対して高度な耐衝撃性を求められます。これらの厳しい基準を満たした耐衝撃性を謳うiPhone7ケースであれば、安心して使用することができます。

あらゆるシーンで活躍する根強い人気の手帳型ケース

耐衝撃性の高いiPhone7のケースが全盛の流れの一方で、現在も根強い人気があるのが手帳型ケースです。TPUケースや、ハイブリッドケースなど、耐衝撃性を謳うケースは、素材の関係から加工や着色が難しく、その優れた能力は理解しつつも、やや無骨で、どれも似たようなデザインに物足りなさを感じるユーザーも少なくありませんでした。そんな中で、手帳型ケースは、あらゆる素材を利用できる事から、デザインの自由度が高く、カジュアルなシーン、フォーマルなシーンでの使用に耐えられるような豊富なラインナップも特長です。また、耐衝撃ケースに無い手帳型ケースならではの機能に、液晶画面の保護があります。TPUケースなどは、常時液晶画面が晒された状態ですが、手帳型ケースであれば、液晶画面もカバーされるので、それを求めて、あえて手帳型ケースを選ぶユーザーも少なくありません。